サンキンB&G株式会社 真に役立つ存在であり続けたい
TOP >> 農芸施設事業
 
21世紀到来!“質”への挑戦
21世紀に入り、新農業基本法のもと、日本農業は今、新たな局面に入っています。
食料自給率の向上、国土保全、市場経済原理の導入等、明確な目標をかかげて進み始めました。ますます進化する国際化の中で、情報技術革命はネット社会を構築し、未曾有の環境変化が始まっております。
21世紀は環境型社会の構築の世紀とも言われています。グルメ、ファッション、ヘルシーといった食文化に加えて“安全な食”への切なる願いがあります。
私達は消費者に真正面から向かい合った農業生産に寄与することを目的に“質”の高さと多様性を求めて、個性豊かな夢のある農業に向け、たゆみない前進を続けてまいります。
超低コスト耐候性ハウス登場! 3年100%補償付き割賦&リース
タッピングパイル基礎施工動画公開中

平成29年2月16日

公正取引委員会からの排除措置命令および課徴金納付命令について


 当社は、東北地方に所在する地方公共団体等が発注する施設園芸用施設及び同施設に附帯する施設等の建設工事の入札に関して、独占禁止法違反の疑いがあるとして、平成27年10月6日、公正取引委員会の立ち入り検査を受け、以降、同委員会による調査に全面的に協力してまいりましたが、本日、同委員会から、排除措置命令および課徴金納付命令を受けたことをお知らせいたします。

 取引先様をはじめ、関係者の皆様には、多大なご心配とご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

 当社といたしましては、このたびの命令を厳粛且つ真摯に受け止め、再発防止に向けた体制を整備するとともに、今後より一層、法令遵守の徹底に取り組み、早期の信頼回復に努めてまいります。