会社概要

ニュースリリース

サンキンの歴史

  年代 サンキンの歩み
昭和 21年 11月 三和金属工業株式会社に改組、資本金19万円
24年  9月 現本社所在地に大阪営業所を開設、本社業務を移管
26年  6月 九州営業所を開設
27年  9月 名古屋支店を開設
32年 10月 建設業者として大臣登録
33年 10月 川崎製鉄株式会社(現 JFEスチール株式会社)の鋼管指定問屋となる
東京支店を開設
35年  6月 堺工場、日本工業規格(JIS)表示許可を受ける
36年  2月 広島営業所を開設
39年  8月 資本金を1億円に増資
43年  2月 一級建築士事務所の知事登録を受ける
48年  5月 滋賀営業所を開設
51年  6月 岡山営業所を開設
52年 11月 浜松営業所を開設
55年  5月 農芸施設部門を独立させ三和農芸施設株式会社を設立
56年  8月 資本金を3億円に増資
57年  6月 福知山工場を完成(堺工場より全面移転)
59年  6月 福知山工場、日本工業規格(JIS)表示許可を受ける
63年  5月 北陸事業所を開設
63年  7月 長野営業所を開設
平成 元年  3月 物流機器販売部門を独立させ、サンキン株式会社を設立
2年  1月 資本金を6億円に増資
2年  4月 グループ企業である東西工業株式会社、三和農芸施設株式会社、サンキン株式会社、東亜実業株式会社の4社を合併させ、サンキン株式会社として発足
資本金1億6千4百万円
6年  4月 サンキン株式会社(旧)と合併、社名をサンキン株式会社として発足
資本金8億8千万円
7年  7月 青垣工場を開設
7年 10月 鋼管事業部三重営業所を開設
9年  6月 農芸施設事業部滋賀倉庫を開設
10年  2月 臨海配送センターを完成
10年  3月 資本金を9億2千5百90万円に増資
10年 10月 鋼管事業部狭山営業所を開設
10年 11月 鋼管事業部福知山工場がISO9002を認証取得 (登録番号CI/1295)
11年  4月 鋼管事業部を鋼管販売事業部と鋼管生産事業部とに分割
農芸施設事業部仙台営業所を開設
13年  6月 立駐事業部開発営業部を開設
15年  6月 鋼管販売事業部松江加工センターを開設
16年  9月 東京都内にある鋼管販売事業部・立駐事業部・物流事業部の支店営業所を統合し池袋に移転
17年  4月 農芸施設事業部を分離し、グループ会社の三和建設企業株式会社に営業譲渡
サンキンB&G株式会社に改称
エクステリア事業部、物流事業部、立駐事業部の3事業部を統合し、スチール機器事業部として発足。3事業部制となる
鋼管販売事業部に新たにステンレス営業部を開設
京都府福知山市長田野工業団地内に新工場を完成、鋼管生産事業部長田野工場として生産活動を開始。鋼管生産事業部青垣工場より移転
17年  7月 鋼管販売事業部滋賀営業所を草津市岡本工業団地に移転
19年  2月 鋼管販売事業部長野営業所を坂城インター工業団地に移転
19年  2月 市場開発室を開設
21年  3月 鋼管販売事業部九州営業所を佐賀県鳥栖市に移転
21年  4月 スチール機器事業部立駐システム部をパーキングシステム部に改称
鋼管販売事業部メドーマルク営業部をスチール機器事業部パーキングシステム部に移管
22年  2月 鋼管販売事業部広島営業所を呉市に移転
22年  4月 営業推進室を開設
鋼管販売事業部 鋼管営業部、鋼管総括部(鋼管情報室、鋼管管理室、グループ営業室)を開設
鋼管販売事業部 貿易室を海外営業室に改称
ステンレス営業部をステンレス営業室に改称
鋼管技術部を鋼管技術室に改称
28年  9月 群馬県藤岡市三本木工業団地内に新工場を完成、
スチール機器事業部藤岡工場として生産活動を開始
スチール機器事業部柏原工場、森の上工場より移転
ページのトップに戻る