エクステリア製品 サンキン物置 その他商品 よくあるご質問

よくある質問

物置や収納庫の鍵の紛失などよくあるご質問

 サンキン物置や収納庫などの鍵の紛失や、設置、購入など、お客様のお問い合わせの中から、よくあるご質問を掲載しております。掲載のないご質問はお気軽に当社までご連絡くださいませ。

よくあるご質問

   
鍵をなくしました。鍵はどこで購入することができますか。
お買い求めになった販売店にお問合せください。
※機種によっては、廃盤機種等の理由から対応できない鍵もございます。
   
サンキンの物置・収納庫、エクステリア製品はどこで買えますか。
サンキン物置取扱いのホームセンター、ネット販売店などでお買い求めください。
   
部品(修理用部材)を購入、修理依頼はできますか。
お買い求めになった販売店にお問合せください。販売店がご不明な場合は、サンキン物置取扱いホームセンターにお問合せ願います。
   
物置の設置場所には、どのくらいのスペースが必要ですか。
物置本体のサイズプラス、左右と後ろ側に10cm以上あれば組立は可能です。
四隅にアンカー工事(転倒防止工事)を行う場合には、25cm以上必要となります。
   
ベランダや屋上に設置できますか。
安全面の確認ができない場所への設置は危険ですのでおやめください。
強風や突風により、物置が転倒、落下する危険がございますので、2階以上への設置はおやめください。また、集合住宅では、消防法による避難経路や、管理組合の規約上、共有部分にあたる場合がございますので、設置ができません。
他に、家屋屋根などから物置屋根に雨や雪が落ちる場所、崖のふち、高台、柔らかい土の上、給湯器の側には設置をしないでください。
   
なぜ物置はブロックの上に建てるのですか。
水切りや通気性を良くし、錆びの原因、また湿気の影響を軽減させます。
   
自分で組み立てられますか。
日曜大工に慣れている方はご自分で組み立てられる方もいらっしゃいますが、ご無理をせず2人以上で組み立てられるか、専門の業者にご依頼されることをお勧めいたします。ご自分で組み立てられる場合は、組立説明書をよくお読みいただいて、強風時は避け、手袋など保護具を着用し、ケガがないようお気をつけください。
   
転倒に対しての対策はあるのですか。
強風が吹き込む場所は避けて設置することが望ましいです。
強風など様々な条件で転倒の恐れがある場所には、アンカー工事を必ず行うようにしてください。アンカー工事、又は転倒防止工事とも呼ばれております。付属のアンカープレートを使用して、転倒を防止します。
●設置面が土の場合
物置の四隅に穴を掘って、アンカープレートを本体の四隅四ヵ所に取付け、穴にコンクリートを流し込んで固定します。
●設置面がコンクリートの場合
アンカープレートを本体の四隅四ヵ所に取付け、コンクリートに振動ドリルで穴をあけ、市販品のオールアンカーボルトで固定します。
●設置面がアスファルトの場合
アスファルトを四隅分はがし(ハツリ)、後は設置面が土の場合と同じ方法で固定します。
収納庫タイプには、屋根サイド後方部に転倒防止金具が付けられます。市販品のワイヤーなどで転倒防止することもできます。アンカー工事(転倒防止工事)を行いましても、転倒防止、破損防止を100パーセント保証する工事ではございません。転倒や破損した場合には、保証外となりますことをご了承ください。
   
積雪には耐えられますか。
一般地型と積雪型がございます(収納庫は除く)。お住まいの地域の積雪量でお選び下さい。積雪地型は、積雪100cmまでの仕様となっております。積雪が100cm越える前には、雪下ろしをしてください。一般地型の仕様は、商品一覧からご確認ください。
   
物置の耐久性はどのくらいですか。
設置する場所や環境、使用状態に大きく影響されますので、一概には申し上げられませんが、お客様の中には20年以上お使いいただいている方もいらっしゃいます。
   
物置の保証はどれくらいですか。
保証期間は2年です。詳しい保証内容につきましては、保証書をお読みください。
   
どんな物が収納できますか。
庫内は、季節の変化や地域差により、温度、湿度、ほこり、結露などの影響を受ける場合がございます。変色、変質、腐敗するものや貴重品は収納を避けてください。
湿気やほこりを嫌うものを収納する場合には、ビニール袋などに入れて収納してください。漬物樽、園芸用肥料や農薬は、長期にわたって保管しないでください。一時的に保管する場合には、下に敷物や受け皿を敷いてください。
床、棚の耐荷重に関しましては、商品一覧からご確認ください。
ページのトップに戻る

その他商品